バスケットボールは精神面が大切

約20年前、中学生の時バスケ部に所属していました。

チームの中では上手な方ではなかったのですが、でも皆で楽しく出来るスポーツではありました。バスケはシュートが決まった瞬間どこかで喜びを感じ、下手でもそれなりに楽しむ事が出来たと思います。

シュートをする時は必ずゴールの瞬間をイメージするようにしていました。中学生活3年間の中で一度も出来なかった事があります。それは3ポイントシュートは決めた時がありませんでした。

3ポイントシュートは筋力がなければ決める事が出来ません。筋力がないとまずボールがバスケットゴールに届きません。3ポイントシュートを決めてみたいのなら、筋力トレーニングを強化する事が大切です。全体的にに上手になるには瞬発力や判断力を瞬時に見分ける力を育てる事が大切です。

ドリブルシュートを決めるポイントとしては基本ですがバスケットゴールの真ん中を狙うとシュートが決まる確率が高まります。

私があまり上手くならなかった理由として今になって思っている事としては、遠慮があったことだと思います。もっと積極的に攻めて、シュートをする時は人の中へ突っ込んでいく勢いがあれば違った自分がいたのではないのかと感じます。

技術面は練習を積み重ねればある程度上達していきます。でも精神面は自分で鍛えなければ誰も助けてはくれません。自分に勝てれば良い方向へ希望が見えてくるのではないかと思っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ